Tonomachiリサーチコンプレックスとは

Tonomachiリサーチコンプレックスとは

背景

科学技術振興機構(JST)の平成27年度新規事業である「世界に誇る地域発研究開発・実証拠点(リサーチコンプレックス)推進プログラム」に慶應義塾大学が中核機関として川崎市、神奈川県、横浜市、大田区の4自治体及び大学・研究機関(東京大学、東京工業大学、横浜市立大学等)、企業団体等(富士フイルム株式会社、CYBERDYNE株式会社)と共に提案した「世界に誇る社会システムと技術の革新で新産業を創るWellbeing Research Campus “Tonomachi”」が平成27年11月26日にFS事業採択をされ、平成28年9月29日に本採択されました。リサーチコンプレックスとは、地域において集積している研究機関、企業、大学等がそれぞれの活動を融合させ、世界の注目を集めるべく異分野融合による最先端の研究開発、成果の事業化、人材育成を一体的・統合的に展開するための複合イノベーション推進基盤です。同時にその拠点から誕生するシーズを新しいビジネスアイデアとし、速やかに実現に向かわせるための仕組みづくり、事業家の育成システムの構築も行い、「より魅力的な生き方(Wellbeing)」の実現に向けての国際的拠点となるべく一丸となって取り組みます。


目標 世界に先駆けて経験する超高齢社会の課題に向き合うことを通して、持続的に世界中の人々のWellbeingを高め、
より魅力的で豊かな生活を実現させるための知見とサービスを生み出すことを目標とします。

ビジョン

Global Wellbeing Innovator

世界をリードする複数の研究チーム・研究機関が
集積しイノベーションの推進力となる地域

Data-driven Innovation for Wellbeing

ヘルスケアICTとデータサイエンスによる
最先端情報基盤が最先端ウェルビーイング研究を
加速化させる地域

Sustainable Research Campus

ヒト・モノ・チエ・資金が循環し自律的・継続的に
成長する地域

殿町WRCが世界を先導する4つの中核技術領域

PeOPLe

テクノロジーと社会システムの革新を通じた新しい価値創造と産業創成をミッションとして
ライフサイエンス・情報・ものづくりを融合、異分野の優れた研究成果を統合的データサイエンスによって有機的に結び付け
技術革新と社会実装の加速化により新分野や新産業を創出し、社会へ提供します

国が推進する世界に誇る地域発研究開発・実証拠点(リサーチコンプレックス)推進プログラムとは

世界に誇るイノベーション創出を目指し、地域に集積する様々なプレイヤーが共同で、最先端の研究開発、成果の事業化、人材育成を統合的に展開し、複合型イノベーション推進基盤(リサーチコンプレックス)を構築します。

本プログラムは、地域に集積する産・学・官・金(金融機関)のプレイヤーが共同で5年後、10年後からその先に実現される地域の姿と社会的価値を「ビジョン」として掲げ、国内外の異分野融合による最先端の研究開発、成果の事業化、人材育成を一体的かつ統合的に展開するための複合型イノベーション推進基盤としてのリサーチコンプレックスを成長・発展させ、地方創生にも資することを目的とします。

【リサーチコンプレックスイメージ図】

成果の社会実装・地域産業の発展についてのビジョンを基に、必要な要素技術を特定。
地域内外の研究開発力を拠点に統合し、実証、実用化へつなげる。
(国支出額の同額以上を地域が支出)

国立研究開発法人 科学技術振興機構(http://www.jst.go.jp/rc/index.html

お知らせ / 融合研究・その他お問合せ

お気軽にお問い合わせ下さい。また、様々なお知らせやイベントも公開しております。是非ご覧下さい。