分子設計・ナノファブリケーション

分子設計技術とデータサイエンスの融合による予防医療実現プロジェクト

タンパク質・酵素などの生体分子材料を高速に高機能化する技術は,予防医療のための診断機器や, 健康食品, 医薬品等の開発を革新する。そこで,半導体微細加工技術とICTの融合により, 人間の限界を突破する生体分子の膨大な情報を扱い, 超高機能分子の創出を可能にするプラットフォームの実現を目指す。

▼ナノ医療研究センター (iCONM)にて,(株)ニコン、味の素(株)と共同研究を展開

一木隆範

ナノ医療研究センター・東京大学工学系研究科

4つのコア技術領域

お知らせ / 融合研究・その他お問合せ

お気軽にお問い合わせ下さい。また、様々なお知らせやイベントも公開しております。是非ご覧下さい。